ペットの選び方を知ろう!失敗しない犬の選び方

健康状態を確認してから購入する

犬を購入するときには健康状態の確認が重要です。購入後に病気が発覚してしまえば、治療代が必要になるため、自分の生活を圧迫してしまう可能性もあります。

具体的な確認ポイントとしては、毛並みです。毛並みが良い犬は健康状態が良いケースが多く、飼育状態も良いパターンが多くなっています。目や耳、鼻といった細部にも注目しておくのがオススメです。目ヤニが付着している犬や鼻水を垂らしている犬は病気を患っている可能性が高いと言えます。

犬の健康状態が悪そうに見えたけれど購入するか悩んでいるという場合には、店員さんに犬の状態を聞いてみるのが良いでしょう。それで納得のいく回答が得られれば、購入を検討してみるのも良いかもしれません。

愛想の良い犬がオススメ

犬を購入した後にしつけに困るパターンも考えられます。飼育の行いやすい犬を購入したいのであれば、性格を見極めて選ぶのも良い方法です。ペットショップでガラス越しに見るだけでは、性格の判断が難しいのではないかという考えを持った人もいるかもしれませんが、それほど難しい話ではありません。ガラス越しに犬を眺めているときに、犬が尻尾を振りながら寄ってきてくれる場合は購入を検討していいでしょう。ガラス越しに見たときに、吠える犬や怯えている犬は飼育の難易度が高くなる傾向にあります。

より性格を判断しやすい方法が犬を抱かせてもらうことでしょう。初対面の自分が抱き上げたときに出る反応は、犬の性格によって異なるからです。抱き上げたときに無抵抗な犬は性格が良い傾向にあります。

ペットショップとは、愛玩用の動物を販売する店舗のことです。最近では、実に多種多様な生物を取り扱っています。また、大抵は飼育に必要な道具や、適したエサなども置いています。