どんな効果があるの?屋上緑化のメリットと使われる植物

屋上緑化のメリットとは

屋上緑化とは、屋上や屋根の上に植物を植えることを言います。植物を植えることによって憩いのスペースにしたりするのが、最も身近な例です。

屋上を緑化するということは様々な効果があり、メリットが得られます。まず、メリットとしてあげられるのが屋内を省エネすることができるということです。屋根を植物で覆うことによって夏は太陽の熱を和らげて、冬は建物の熱を逃がしにくくします。このような効果によってエアコンの効きが良くなるため、節電や省エネにつながります。

紫外線や酸性雨などの建物にダメージを与えるものから、建物を守る効果も得ることができます。

また、植物は地球温暖化の原因の一つである二酸化炭素を取り込み、酸素を出す働きがあります。植物を増やすことで温暖化防止にも良いとされています。

オススメの植物について

屋上を緑化する場合、メリットも多いのですが屋上に乗せることのできる重さを含め、植物自体が耐寒性や耐暑性、耐風性など様々な耐性のあるものを選んでいく必要があります。

植物を選ぶポイントとしては、生育が早く風で折れやすいものは避け、竹類などは根張りが著しいため屋上には向かない植物です。また、実がなるものは鳥や害虫などが集まってしまうため避けることが無難と言えます。

このようなことからオススメの植物としては、ハツユキカズラやツワブキ、ローズマリー、コーラルカーペット、フィリフェラオウレアなどが挙げられます。

特殊な環境でもしっかり育つことのできる植物を選び、各種異なる植物は混植はなるべく避けるようして植えることが大切です。

屋上緑化とは、地球温暖化や都市のヒートアイランド対策の一方法として期待されています。方法自体は昔からあり、建物の断熱性と景観向上も目的とし、ビルの屋上や家屋の屋根に植物を植えて緑化する方法です。