どうやって迎え入れる?ペットの購入の仕方

ペットショップを選ぶ場合には

ペットを購入する場合には、保健所から引き取る、ブリーダーを探す、ペットショップから購入するというのが主な購入の仕方です。
最も簡単なのがペットショップから購入することですが、ペットショップにもいいペットショップと、悪いペットショップがあります。悪いペットショップだと、病気を持った不健康な子を取り扱っていることもあるため注意が必要となります。
質の良いペットショップであれば、ペットも質が良い子に出会うことができます。
良し悪しがわかるポイントはいくつかあるため、そのポイントをしっかり理解することが大切です。その上で何件かペットショップを見学した上で、どのペットショップで購入するか考えることをオススメします。

良し悪しを決めるポイント

ペットショップの良し悪しを決める一番目のポイントは「動物取扱業登録証」があるかどうかです。動物取扱業の一つですので、行政の許可が必要となることが法律で定められています。行政に認可され登録されていれば登録番号が発行されているため、その番号があるかをチェックします。
飼育環境を見ることも重要です。店は嫌な匂いがしないか、きちんと排泄物は処理されているかというのをチェックするのは基本です。ケージが汚れている、きちんと清掃されていない場合にはペットに対するケアが疎かになっている可能性があります。
ペットの様子もチェックします。元気がなかったり毛ツヤが悪い、きちんと飼育されていない悪質なペットショップも中にはあるため注意が必要です。
また、スタッフの対応などにも注意してペットショップ選びをすることが大切です。

ペットショップなら神奈川といわれる訳は、ペットの販売だけでなくトリマーのサービスや用品の販売が充実しているからです。